埋没法2点留めで幅広二重

ミセルD-ラインジェル

元々、私は二重でしたがちょうど20歳の頃、2000年頃です。

その頃は歌手の浜崎あゆみさんのような大きな目が流行っており、幅のある大きな二重にしたくて衝動的にプチ整形をしました。

それはインターネットで見たキャンペーンで品川美容外科の両目のプチ整形、埋没法で3万弱だったと思います。

あまりの安さに飛びつきました。

すぐに予約を入れて新宿にある美容外科へと足を運びました。

大手であるから手術も安心、そして幅のある大きな二重になるのが夢であったので仕上がりを想像したらワクワクしていました。

院内はとても清潔感があり、プライバシーも守られておりイメージしている病院とは違ってリラックスできるホテルのような空間でした。

そこで同意書やサインなどをして、先生にシュミレーションをして頂きました。

おー!こんな大きな二重になるんだぁ!ととても喜こび、すぐにオペして頂きたいと思いました。

名前を呼ばれて手術台へ。

すごく緊張しましたが若かったせいか好奇心のほうがいっぱいで痛みを不安になることはあまりありませんでした。

私の場合、二点止めです。

点眼麻酔をしてから力を抜いてしばらく経ってから糸で縫ってもらいました。

すごくキツく縫われている感覚を覚え、引っ張られるような感じでした。

そんなに強く引っ張るの?とちょっと驚きました。

痛みはありましたが麻酔が効いてるなという感覚でした。

しかし縫われてる、引っ張られている感覚はあります。

終わった後、すぐに鏡を持ってこられ見たらものすごく腫れていて、ビックリしました。

目も真っ赤で顔の半分が目か?ってくらいの状態に私の場合はなってしまいました。

え!!この状態でどうやって帰ればいいのと思いました。

帽子しか持ってこなかったのでサングラスを持ってくれば良かったと後悔しました。

電車に1時間くらい乗って帰らないといけなかったので、人に見られたらどうしようと思いました。

電車に揺られ、目も派手に腫れていて頭痛から酔ってしまい、自宅に帰ってからは寝込んでしまいました。

これは個人差の問題です。

腫れない人も普通にその後から何でもない人もいますが私の場合は体調を崩してしまいました。

家族の反応が気になるところですが、明らかに腫れているので、何その目は!と驚かれました。

この時点で後悔してしまい大泣きでした。

腫れてる状態からなかなか回復せず、10日経っても腫れていました。

もちろん、赤みは取れていますが目が腫れぼったいのです。

顔は眠たそうな感じに見えていました。

元々の目が二重なのに私は何やってるんだろうと思いましたがやってしまったからには経過後を待つしかないと切り替えました。

2週間後くらいからはある程度吹っ切れてきました。

顔の印象はだいぶ変わったように思いますが大きな二重になり満足しています。

10年以上経ちますが、二重の幅はあるもの、落ち着いて今では馴染んでいます。

埋没法おすすめ

関連記事

10年前に埋没法、半年前に切開法の二重手術を経験しました。

二重埋没法3点留め手術・・・思いの外怖くないものです。

逆さまつ毛の治療で二重埋没法手術。アイプチの日々を卒業!

品川美容外科で二重埋没法の手術しました。保証期間が長いところがおすすめです。

2016年にプレミアムスーパークイック法を受けました!(経過・感想)

20歳で二重まぶた埋没法しました(未成年の後)