二重埋没法3点留め手術・・・思いの外怖くないものです。

ミセルD-ラインジェル

一重ではないのですが元々奥二重で遠目に見ると一重に近い目だったので、思春期を境にとてもコンプレックスになりました。

大学に行くときに県外の大学に行くことになったのをきっかけに、高校卒業のときの春休みにプチ整形をすることにしました。

場所は東京玉川クリニックです。

腫れや痛みが少なく、術後の回復が早い埋没法が気になり、切開法の話も一応聞きましたが、やはり切開をすることに抵抗があり痛いのが苦手だったので埋没法で行うことになりました。

病院に行った一回目の時はカウンセリングのみでしたが、今までの術例や仕上がりのイメージサンプルなどを画像化して見せてもらい術式の説明なども詳しく受けました。

切開法は術後の腫れや痛みはあるけども、確実な方法であるしこすったり引っ張ったりしても取れたりすることはないけれど、埋没法は糸で皮膚や筋繊維を止めるものなので止めてある部分が何らかの刺激で取れてしまうこともあるというデメリットもそのときにお話がありました。

当日中に帰宅できることと、腫れが引いたらメイクをしてもよいという点がやはり魅力的だったし予算の問題もあったので埋没法で話を進めました。

手術自体は30分かからないくらいで、部分麻酔で行うと言われました。

二重の幅の希望と私の目の形からの見立てで、三ヶ所ほど糸で止めることになるということでした。

なりたかった二重でしたが、当日少し不安な気持ちで伺いましたが麻酔がかかるから痛みはないし安心してくださいと声をかけて頂き不安も晴れていきました。手

術自体は本当にあっという間で痛みを感じたのも麻酔の時だけでしたが、術後の痛みもあまりなく腫れも当日は出ませんでした。

感染症を防ぐため5日分の抗生物質が処方されそれを飲みました。

翌日から2日ほどまぶたの腫れが出て少し重たい感じがしましたが、次第に引いていきメイクができる状態になりました。

術後の問題がないか1週間後にもう一度見てもらいましたが化膿や腫れもなく大丈夫とのことで通院はそれで終了しました。

もし不具合や糸が取れたりしたら来てくださいと言われましたが、5年経った今でも問題は出ていません。

プチ整形をするまでは、整形という言葉に多少の偏見や抵抗を感じていましたが、悩みが改善されることによって気持ちが明るくなり毎日が快適に過ごせるようになったので今となっては思い切って行ってよかったと感じております。

手術前後の写真などを見せてもらったことは、仕上がりのイメージが湧いて手術に前向きな気持ちになれてよかったとおもいます。

2017-02-09現在の情報です。料金・詳細情報は公式サイトで最新の情報をご確認ください。

埋没法おすすめ

関連記事

20歳で二重まぶた埋没法しました(未成年の後)

逆さまつ毛の治療で二重埋没法手術。アイプチの日々を卒業!

埋没法2点留めで幅広二重

2016年にプレミアムスーパークイック法を受けました!(経過・感想)

10年前に埋没法、半年前に切開法の二重手術を経験しました。

品川美容外科で二重埋没法の手術しました。保証期間が長いところがおすすめです。