二重手術(修正)(眼瞼下垂手術・埋没法)手術当日です!

ミセルD-ラインジェル

やってきました二重の修正で眼瞼下垂の埋没法手術を!

手術当日の様子をレポートしたいと思います!

二重手術の前日

前日は早めにご飯を食べて、出来るだけ早く寝ました(笑)

これまでにいろいろな整形手術をしてきましたが、当日の体調やコンディションによって腫れやダウンタイム、その後の経過に大きく影響することが体感的にわかっていたのでできるだけ当日はベストコンディションで迎えたかったのです。

お酒やたばこももちろんなし(わたし結構ヘビースモーカーなんですが)

手術前後のお酒&たばこってほんとに手術の敵って感じなので、禁酒禁煙は必須です。

手術当日

10:00から手術予約を入れていたので、9:30までには来院するように言われていました。

時間ぴったりに来院。

まずは最終カウンセリングで先生と希望する目の形や二重の悩みなどを再確認して、専用の針金みたいな器具を使用してシミュレーションを何度も行いました。

私の希望は、とにかく目頭側の二重の被さりを何とかしたい、額の力を使って目を開ける癖があるのでそれを改善するように、楽に目が開けるようにしたい。

できれば目尻側の二重幅は変えたくない、眼瞼下垂の失敗でよくあるパターン(例えば食い込みが強すぎる・びっくり目)には絶対してほしくない。

希望を簡潔に箇条書きにしてメモを持っていきました。

先生も何度もまぶたに触ったり、幅を調整しながら確認してくださって、これでOKという段階でまぶたに何か所かマーキング。

額の力を使って目を開く癖のせいで、眉毛の上あたりと眉間にしわが入っていたのでついでにボトックス注射と、凹みの部分にヒアルロン酸のフィラーも入れてもらうことにしました。

カウンセリング後は手術費用の支払いをして、手術着に着替え→洗顔へ。

手術開始

今回の病院は睡眠麻酔&局所麻酔で手術を行うクリニックでした。

まぶたの局所麻酔の注射が痛くて怖いので、一旦睡眠麻酔で眠ってその間に局所麻酔を打ってくださいました。

睡眠麻酔の点滴の針を刺されてしばらくしたら気づかないうちに寝ていたみたいで、次に起きたら既に手術が始まっていたらしい(笑)

先生の「目を開けて~」っていう呼びかけで起きたみたいで、既にまぶたに糸が入っている感じでした。

途中で目を開けたり閉じたりを何度も繰り返して、目の開き具合や形を調整しているんですって。

そんな感じで何度も開けたり閉じたりを繰り返しで手術終了。

最後に額と眉間にフィラーを打ってもらいました。麻酔が切れてきたのかこの段階でちょっと痛みが・・・

手術後

手術終了後は隣の回復室に連れて行ってもらってしばらく休憩。

睡眠麻酔がまだ少し残っているようで、頭がぼーっとするしなんとなく全身だるくて少ししんどかったです。

一時間ぐらい眠って元気になったころに看護師さんが家で飲む用の薬をくれました。

その間、目元をひたすら冷やしてました。冷やさないと腫れがひどくなるんだそうです。

お薬は1週間ほどは服用するようにと言われ、抗生物質とか腫れを抑える薬をもらいました。

↑手術直後のまぶた。

紫っぽく見えるのは痣とか腫れではなくて、先生が手術前にマーキングしたペンの色が残っているだけです。食い込みは結構ひどい感じ。

看護師さんが言うには、そこまで腫れていないからダウンタイムも短そうっていうことでした。

めちゃくちゃ腫れたらどうしようって思っていたのでちょっと安心しました。(手術後の休みも2日くらいしか取っていなかったので会社でバレるかもとひやひやしてた)

手術後はしばらくは瞼に違和感というか、若干の痛みと引き攣れた感じがあったけど、メガネかけて普通に外を歩いたりしてました。

ただなんとなく目が見えにくいのと、目やにがいっぱい出てました。

まぶたの傷に塗る塗り薬も貰ったので、乾いたらまめに塗ったりして過ごしました。

埋没法おすすめ

関連記事

グランドライン法3か月目。埋没法をやったら眉間ボトックスはやらないほうがいいかも...

二重埋没法手術翌日(1日目)@グランドライン法

二重埋没法手術 経過3日目

二重埋没法手術の直後、Before/After

二重埋没法4ヶ月目の経過ブログ

埋没法の腫れは?? 二重手術2ヶ月目の腫れの写真